FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西表島散策

1回生のNつかです。
リーダーF竿、1回生のY田の3人で西表島へ行ってきました。今日はその報告をF竿に任されたので報告します。

西表島:沖縄の八重山地方の島で、沖縄県内では本島に次ぐ大きさ。にもかかわらず人口が約2000人程と少ないのは、平地が少なく、島のほとんどを亜熱帯林が覆っているからである。最高標高は沖縄屈指の高さで、独自の生態系を持つ。(wikipediaなどから)

画像が数枚あるので追記形式にしてみました。
続きを読むからどうぞ。
西表島に着いた初日に仲間川側から入山地点を目指しました。
仲間川
↑仲間川を展望台から。これが日本とは思えない。


しばらく林道を歩いてから登山口から入山。
横断歩道
しばらく歩いただけでもうそこはジャングル。

道に迷い、イリオモテヤマネコ調査のカメラにシャッターを切られ、GPSを頼って藪こぎするも、GPSが現在地をロストし、ヒカゲヘゴの藪を進み、アダンの葉で傷つきながら横断歩道を発見するも大雨に襲われ、予定よりもかなり手前をテン場にしました。すごい雷雨で、夜中は何度も目が覚めました。F竿の自作ハンモックが大破する音でも目が覚めました。

翌朝、台風の接近により来た道を引き返し、下山。この晩は民宿に泊まりました。3つの台風に囲まれるという奇跡的体験をしました。天気予報は「複雑な動きが予想されます」と言っていましたがそれは予想になっていないような気がしますね。結局3泊しました。

それからは大雨などは降ったりしなさそうだったので、予定を変更して大原港側から南岸へ向かいました。ひらすら続くサトウキビ畑にはもう飽きました。画像はまだまだサトウキビ畑に興奮するほどに初々しかった農学部1回生2人組。
サトウキビ畑

南風見田の浜
南風見田(はえみだ)の浜に到着。
ここから2時間ほど歩きましたが大浜に着くのは無理そうだったので別れ浜で1泊。翌日は釣りをしたり昼寝をしたり暇な1日を過ごしました。もう1泊した後に、最終日の空港までの移動を考えて南風見崎付近の海岸へ移動し、もう1泊。泡盛を飲んで芸術家になってしまったF竿には困りましたが、この海岸は夜にヤドカリやカニが大暴れすること以外は快適でした。

そして翌朝から移動し、無事に帰ってくることができました。


天候に恵まれない日が続きましたが、西表の森、それから海岸を、辛い天候が続く中でも楽しむことはできました。僕はまだ1回生で、今回は慣れないことばかりで大変でした。しかしそれは裏を返せば、新しく知ることが多く、興味深いものだということです。今回、個人的なテーマにしていた、西表島の地形に関しても、目で見ることができ、新たな発見と驚きがたくさんありました。今回の活動が今後の活動の役に立てばよいなーと思います。
では失礼しました。

by N-tsuka
写真撮影は全てF竿です。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ジャングルと海岸

ワンゲルの服部です。お疲れ様。
やはり西表は楽しそうだな。三月に行くので楽しみにしている。
プロフィール

ECKU

Author:ECKU
京都大学探検部のブログです。
リンク歓迎です。
メールはecku888あっとじーめーるどっとこむ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。